メインイメージ画像

防犯に有効な鍵とシャッターを使用する理由について

治安の悪化が懸念されていますが、近年、各家庭での防犯対策が犯罪に巻き込まれない為に重要です。一人一人が意識を高く持つことで身近な犯罪を防止する事が出来ます。通常、出入り口の鍵の施錠は一つというのが一般的ですが、高い防犯意識を持った家庭では二つや三つという施錠が決まっています。泥棒が一個の鍵を開けるのに5分間掛かる場合、鍵が二つの場合は倍の10分、三つの場合は15分になります。あっという間に鍵をあけられてしまって住居に侵入されないようにしなければなりません。



鍵を開けるのに時間が掛かってしまうと、ご近所の目に触れたり不審だと思われたりする可能性が高まります。この家は鍵が三つもあるという泥棒の侵入する気持ちをそいでやる事が防犯面では重要です。

そして、強力な防犯設備としてシャッターがあります。一軒家には色々な無防備な窓がありますが、侵入しやすい所だけでもシャッターを付ける事により泥棒はやる気をなくします。シャッターは蹴破るという事も難しいですし、力ずくで破ろうと思っても大きな音を立てる事になります。

泥棒はこっそりと侵入するものですから、大きな音は嫌います。この住居には侵入するのに苦労すると思わせる事で益々防犯は高まるのです。鍵をいくつも設置するのが費用的にも手間も大変だと考える人もいると思いますが、大切な財産に替えられません。

家を建てる時には防犯面がきちっとしている家を建てる事、今後防犯面に力を入れたいと思いリフォームを考えている人は泥棒がどんな家だったら侵入するのをあきらめるかといった事を頭に入れておきましょう。

店舗ではよく見かけるシャッターですが、現在では個人宅でも多く見かけるようになりました。台風や災害時にも大きな窓ガラスを守る役割を満たしてくれますし、防犯面に優れているとあれば言う事なしですね。1階箇所だけでもシャッターを付けることは、これからの社会では常識に変わっていくと考えられています。住宅の再評価の参考にしてください。

更新情報